Twitterやってるよ

「5S」について知りたくなったので読みました【読書レビュー】

コンビニ
ぴょん
ぴょん

こんにちは、ぴょんです。

連休は何をして過ごしましたか?

私はバイト以外引きこもりなので図書館で借りた本を読んで過ごしました。

この記事は【「5S」という言葉を知ったけど具体的によくわからない】という方に向けた、初学者のぴょんが読んでみた書籍「わかる!使える!5S入門」の読書レビューとなります。
引用を入れつつ、「5S」の概要をつかめる記事を目指します。

「わかる!使える!5S入門」

こちらの本は2018年に発行された比較的新しい書籍となります。

出会ったきっかけは「5S」のマンガ解説本を探していたらたまたま見つけたので読んでみることにしたという流れです。

書籍情報

  • 著者:古谷 誠
  • 単行本: 176ページ
  • 出版社: 日刊工業新聞社
  • 発行: 2018/2/17

感想:とっかかりとしては読みやすいが専門性としては物足りない

「5S」について具体的な解説を理解するには十分な内容だと思います。

「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「躾」
それぞれの項目について、現場の例を挙げながら

  • 言葉の意味
  • 理想の状態
  • 行うべきこと

について書かれています。

残念な点:同じ内容をなんども繰り返し説明される

初めから最後まで一通り読みましたが、同じ内容の繰り返しが多いです。

ぴょん
ぴょん

うん?さっき同じこと説明してなかった?
うん?これ3回目だよね?

初学者でしかも初読みのぴょんでも「同じこと何回も言ってるよね」と読むのが面倒くさくなるくらい同じことを何度も繰り返し書いていました。

かぶってる内容をとことん整理したら、ページ数が少なくても3分の1は減ると思います。
ぶっちゃけ同じ内容は何回も読みたくありません。

めちゃくちゃためになるとか、何度も読まないと咀嚼できないような内容でもないので…
最後まで読むぞ!という気持ちが折れそうになります。

とはいえ、内容は「5S」をこれから職場で始めたいという初学者向けなので、かなりわかりやすくかみ砕いてくれています。

逆に言うと、何度も繰り返さないとわからない・覚えられないといった方には会うかもしれません。

「清掃」関しては概念がゆるい

「5S」をひとつずつかみ砕いて解説してくれてはいるのですが、「清掃」に関してはページ数も少なく、他の候も気に比べるとふわっとした解説になっていました。

一言にまとめたら、会社全体の点検作業です

他の項目は数字や具体例、根拠なども書かれていますが、この項目に至っては「昔からの~」という文化の一種のような扱いで書かれていました。

再現性に関しては微妙

再現性に関しては、5Sを行う対象として取り上げられているのが工場のような作業をメインとした職場となっています。

なので、「5S」を理解したうえで自分の環境へ応用することは可能です。
しかし作業をメインとした職場でない初学者がイメージを膨らませるにはちょっと難易度が高いな…と思いました。

逆に言えば、工場のような作業をメインとした職場の方にとっては具体例も多いので、かなり再現性が高いのではないかと思います。

なるほどと思ったこと

5Sの言葉を知った時、私は「小学生の頃に言われたような言葉ばっかりだな」と思いました。

「整理整頓を心がけよう」
「さっさと片付けなさい」
「もとの場所に戻しなさい」
「みんなが使う場所はキレイに掃除しましょう」
「毎日続けて習慣にしましょう」
「躾がなってないと思われる」

聞き覚えのある言葉、ありますか?
家で家族から、学校で先生・掲示物で…一度くらいはどれも聞き覚えがあるかもしれません。

しかし今回、本書を読んでみて、自分の頭の中の言葉のイメージが子どもの頃のイメージのままなんだと気づきました。

記憶の中のイメージが、今でも残ってる・出てくる。
先入観のような感じです。

では大人にとっての「5S」とはなんでしょう?

大人の「5S」とは

「子ども」に対して大人が言うようなルールではなく、「職場」における大人の共通認識としてあるべきものではないかと私は思います。

私は本書を読んでそれぞれ以下のように感じました。

  • 「整理」…Just In Time(今必要な分を必要な時だけ)の考え方
  • 「整頓」…誰でも再現できる物事の”標準化”
  • 「清掃」…ケガを防ぎ士気を高める
  • 「清潔」…維持であり、随時さらなる改善を目指すこと
  • 「躾」…生活技術の体得と向上のため、諭すこと

まず子どもの頃のイメージと全然違いますね。

Just In Timeという言葉は知っていましたが、それが「整理」と結びつくとは思ってもいませんでした。

ものの見方を変えればこれだけのことが見えてくるんだと自分なりに感動しました。

確かにこれらのことを徹底すれば、何においても無駄がなくなり、現状より良くなっていくとしか思えません。

ぴょん
ぴょん

簡単な言葉に聞こえるけど、奥はふか~いのである

入門書としては十分

結論として最初に書いていますが、この書籍は「5S」を知ったばかりの人にはとっかかりとして十分な内容です。

逆に、なるほどなるほど!と思ったことで、他の著者の「5S」本も読んでみたくなりました。

Just In Timeは考え方として共通なのか?
「清掃」をもっと細やかに解説しているものはあるのか?
作業場を前提としない(例えばオフィス系)「5S」の本はあるのか?


いろいろ興味が湧いてきました!

何よりも家庭でも応用できそうな気がするので、主婦としてはそこも気になります。

ぴょん
ぴょん

整理しなさい!片づけなさい!って毎日言ってるわ…

今回読んだ本はこちら
   わかる!使える!5S入門<基礎知識>
著者:古谷 誠/単行本: 176ページ/出版社: 日刊工業新聞社/発行: 2018/2/17

他の本も読んでみます

この一冊だけで「5S」をマスターとは言えません。
書籍のタイトルがすでに「5S入門」ですからね。

著者が違えばまた違った見え方があるかもしれません。
もともと探していたマンガ本含め、今後もいくつか読んでみようと思います。

読んだらレビューしようと思うので、ぜひまた覗いてくださいね!
それでは♪

コメント